思い立ったら見るサイト・名古屋の転職成功マニュアル
思い立ったら見るサイト 名古屋の転職成功マニュアル
これが名古屋流の転職成功術!マル秘テクニックをまるっと紹介
名古屋の人材紹介会社はこう選べ!
名古屋の転職七か条を伝授
強みで選ぶエージェント3選
名古屋の求人に強い
Uターン・Iターンに強い
大手の求人に強い
サポートが手厚い!
絶対に登録すべき転職サポート会社はここ

名古屋の転職事情~法務編~

ここでは、名古屋における法務への転職事情について解説しています。

名古屋で転職~法務ってどうなの?~

東海経済圏の中枢・名古屋には、自動車関連を始めとした様々なメーカー・企業が多くあります。転職者にとっては、比較的活動しやすい地域といえるでしょう。ただ、同じ事務系統の職種であっても、総務・人事と比べると、少し条件が厳しいのが法務への転職かもしれません。

以前は法務といえば、自社の契約関連の業務がメインだったものの、ここ数年はコンプライアンス関連やM&A、訴訟対応など、担当業務は多岐に渡っています。

世間や取引先に対して、社会的責任の意識が強い会社である、というアピールにもなるので、最近特に法務は注目されている部署といえます。

ただその分、より高い知識が求められてきますので、ベテランが重宝され、転職者が割り込みにくい部署ともいえます。もちろん企業が認めるだけの知識と経験があれば問題はありません。むしろスキルの高い人にとっては、名古屋はチャンスの多い場所といえるでしょう。

法務への転職のポイントは?

経験者であれば、問題のない範囲で、より具体的に経験した業務内容をアピールしていきましょう。また、それほど具体的に実務経験がなくても、転職を考え始めた時点で、希望している企業で必要とされるであろう法務の知識を、先回りして勉強しておきましょう。少しでも、自分を有利に売り込むポイントを上げておくのがよいでしょう。

特に、最近新たに法務を強化し、コンプライアンス関連や知的財産に関して知識のある人を求めている企業にとっては、そうした知識や業務の経験があるかどうかは、非常に大きなポイントとなってきます。名古屋は古くからのメーカーが多い分、特にこうした法務経験者にとっては、売り手市場といえる面もあります。

ただ、専門知識の高いベテランがすでにいる企業には、なかなか滑りこみにくい実情も。会社規模にこだわらず、むしろ自分の知識と経験でこの会社を盛り上げてみせる!という気持ちで、色々な企業を調べてみるのもよいかもしれませんね。法務そのものは、けっして派手な職種ではありませんが、経験と知識がフルに生かせる分、やりがいを求めて転職する人が活躍できるとっておきの職種かもしれません。