思い立ったら見るサイト・名古屋の転職成功マニュアル
思い立ったら見るサイト 名古屋の転職成功マニュアル
これが名古屋流の転職成功術!マル秘テクニックをまるっと紹介
名古屋の人材紹介会社はこう選べ!
名古屋の転職七か条を伝授
強みで選ぶエージェント3選
名古屋の求人に強い
Uターン・Iターンに強い
大手の求人に強い
サポートが手厚い!
絶対に登録すべき転職サポート会社はここ

名古屋の転職事情 ~メーカー編~

ここでは、名古屋におけるメーカー系への転職事情について説明しています。

名古屋で転職~メーカー系ってどうなの?~

「車の街」というイメージが強い名古屋経済圏。自動車産業を筆頭に大手メーカーが多く、求人数も多い地域です。名古屋と聞くと、どうしても大手自動車メーカーが頭に浮かんでしまう、という人も多いでしょう。確かに、自動車部品などを製造する自動車関連メーカーが多いことは事実です。
ただ、それ以外にも、日本を代表するメーカーがたくさんあります。

例えば、日本碍子株式会社。よく目にするのは、日本ガイシという表記でしょうか。自動車などにも活かされているセラミック技術で有名ですが、100万ボルトの高圧送電線「がいし」を製造しているのは、世界でもこの会社のみ。試しに日本碍子株式会社の求人内容を見てみると、社内SEや開発エンジニアといった職種が多く並びます。

ガス器具大手リンナイも、本社は名古屋。ガス器具のシステム開発や設計技術者、加工製作、また海外展開事業の営業職などの募集もあります。

これら以外にも、ミシンやプリンタのブラザーや、コンタクトレンズのメニコンなども、名古屋に本社を置くメーカーです。さすがは東海地区の経済中心地域・名古屋ですね。

メーカーと聞くと、技術開発=理系と連想しがちな方も多いと思いますが、もちろん営業職や管理部門といった、いわゆる文系職の募集もあります。
大手メーカーは採用人数も多く、特に最近は理系職種に限らず全体的に求人数が増加傾向にあるため、文系転職者にとってはメーカーで働く大きなチャンスと言えるでしょう。

良くも悪くも、名古屋という経済圏は自動車メーカーの業績に左右されてしまいがちです。しかし、自社の技術を自動車生産業だけでなく、他の産業にも活かして業績を伸ばしているメーカーもたくさんあります。様々な切り口から、自分のやりたい職種を探してみるのもよいですね。

メーカー転職のポイントは?

メーカー転職を考える時には、やりたい仕事・できる仕事を明確にすることです。
転職する際にアピールしたいのは、やはり今までの経験。メーカーを希望するのであれば、例えば、自分は技術職として今まで具体的に何をしてきたのかをアピールしましょう。前職と同じような職種であっても、会社が違えば製品どころか、その工程や取り組み方がひとつひとつ異なります。転職者には即戦力としての活躍が期待されていますから、これまで培ってきたスキルを、転職先ではどう生かせるかを伝えることが必要です。

技術職だけでなく、営業職や管理部門を希望する場合にも、今までの自分の業務内容を明確に伝え、その経験が必ず生きるということをアピールしましょう。

メーカーならどこでも同じ……とひとくくりに考えず、きちんとお互いの個性を分かり合うことが、採用のポイントです。