思い立ったら見るサイト・名古屋の転職成功マニュアル
思い立ったら見るサイト 名古屋の転職成功マニュアル
これが名古屋流の転職成功術!マル秘テクニックをまるっと紹介
名古屋の人材紹介会社はこう選べ!
名古屋の転職七か条を伝授
強みで選ぶエージェント3選
名古屋の求人に強い
Uターン・Iターンに強い
大手の求人に強い
サポートが手厚い!
絶対に登録すべき転職サポート会社はここ

名古屋の転職事情 ~薬剤師編~

ここでは、名古屋における薬剤師業界の転職事情について説明しています。

名古屋で転職~薬剤師業界ってどうなの?~

6年制薬学部が増設された頃から、全国的に薬剤師の人数はかなり増加しています。名古屋市内でも、病院はもちろん、調剤薬局やドラックストアで勤務する薬剤師の数はかなり多くなってきています。

人口10万人に対する薬剤師の数を見てみると、全国平均よりやや多い164.1人というデータがありますが、大都市圏ならではの数字と言えるでしょう。人口が多く、病院や薬局、ドラッグストアの店舗数も多いことから、薬剤師の需要は非常に高いのです。

資格を持ったまま就業していない「潜在薬剤師」も多いと言われます。最近では、結婚や育児といった事情で一度は退職した元薬剤師が、パート・アルバイト採用を利用し、ドラッグストアの資格販売者として仕事に復帰するというパターンが多くなりました。
一般的なパートやアルバイトに比べて時給が高め(2,000円程度)であることと、フレキシブルな勤務が可能ということで、主婦や副業を持つ人でも働きやすい環境だからといえます。ただ、ドラッグストア勤務では、レジ打ちや接客といった薬剤師以外の業務も多くなることを考慮に入れましょう。

また、病院や調剤薬局では、以前に比べて、薬剤師が直接患者さんに薬の説明をする機会が多くなっています。医師ほどではありませんが、病状を聞き取り、場合によってはカウンセリングをする必要も出てきます。薬の知識だけでなく、他人と上手くコミュニケーションをとれるということが重要視されてきます。

一口に薬剤師と言っても、働き方は様々。条件を比較して吟味したいところです。自分で調べるには限界がありますので、転職サポートサービスを上手に利用するとよいでしょう。

薬剤師の転職のポイントは?

薬剤師は資格をアピールしても意味がありません。前職で具体的に何をしてきたのか、そしてこれから自分が何をしていきたいのかを、しっかりアピールする必要があります。

ドラッグストアや薬局、病院の窓口などで、患者さんに説明する機会が多い職場を希望している場合には、人と接することが好きだということが大切。ありきたりの薬の説明ではなく、コミュニケーションを大切にできる薬剤師は重宝されます。特に、病院内の薬剤師は、患者さんの病状と気持ちを踏まえて接することが大切です。
研究職などを希望している場合には、今までの経験や学生時代の研究内容を具体的に説明した上で、これから何ができるのかをアピールしましょう。

資格は誰もが同じである分、自分なりの薬剤師像を伝えることが大切ですね。